日本社会と13万人が学校に行かない青少年-不登校少年。

日本社会と13万人が学校に行かない青少年-不登校少年。

ラベル: 自殺|青少年|不登校   分類:ブランド靴コピー 

【JESESS小澤ブランド靴コピー 要旨】最近放送された新ドラマ『高揚土花』には、学校に行かずに自宅で繭をしていて、家族や社会に不親切なので、次の2番目の誰かを刺しているようです。実際には、生活の悲劇もあります。言うまでもなく、今年の新幹線殺人者は、彼の関係が悪化して、彼の部屋に長い間住んでいた数ヵ月の間学校を休むことを選びました。心理的な憂鬱は、彼が「私は、この社会が嫌いです」と言いました。
だから、自殺のピーク期間は毎年8月下旬から9月上旬の間です。なぜならば、それは学校にノーと言うのが公平な日の終わりです。一部の生徒は学校のいじめに苦しんでいて、一部の生徒は学校や学習の恐れを持っており、学校全体の思考は崩壊し、結局は「非学校」の軍隊となる。両親が理解していなくて、彼らが学校に行くのを強制するならば、彼らは自殺しそうです。現在、日本には13万人の青少年がいます。いろいろな理由で学校に行かないということで、子どもたちは自己非難の圧力に耐え、周囲の圧力に耐え、極端に走りやすい。個人や社会にとって、潜在的な危険がある。日本の内閣事務所の調査によると、1972年から2013年までの42年のうち、18歳以下の18歳以下の児童は、9月1日に登校する初日の自殺を選んだ18048人が18歳以下で自殺しました。年です。夏休みは8月20日から今月末までに、毎日少なくとも50人が自殺した。
これらの苦労を救った学生は、日本社会の注目の焦点の一つだ。結局、学生の生活は下校よりも重要です。この協会は、「学校に行きたくないなら、学校に行かないように」という宣伝講座を組織した。「生活様式が多くて、学校に行かない」10年前に登校していない人たちを前の彼氏に話している公益団体もいる。子供や親にも参考になる。
日本には「無学校ニュース」という新聞があり、各業種の有名人からこの団体を励ます言葉がある。ある漫画家は新聞で「最も暗い時は夜明けまで、予想できない闇がない」と言った。学校は唯一の選択ではありませんが、家出をしないようにしてください。学校に行きたくない多くの学生は、親のために学校へ行くことを考えていたが、実際には学校へ行くのは難しい。
2018年8月19日、日本全国100都市で「学生は不運ではない」という概念を掲げた。学校に行きたくないのなら、逃走は結構です」
今日の社会で学校に行かない未来は何人でしょうか。おそらく、社会の底にとどまります。実際、彼らが彼らの心と調和することができる限り、彼らの親類と友人とともに、そして、全体として社会の寛容で、彼らは彼らが彼ら自身の道を見つけると思っています、そして、将来はよりはっきりしてより明確になります。
「学校に行かない」という問題を解決することができないならば、この道に乗り出す以外に選択肢がない学生は、彼らの選択を支持することによって彼らの将来を形作るのを助けるために呼吸空間を与えられなければなりません。
ブランドコピー靴 2018-08-30 最新入荷

评论

此博客中的热门博文

深田恭子、34歳誕生日に今年3冊目の写真集 美しいパーツの魅力に迫る

ルイヴィトン(Louis Vuitton)ブランドプロフィール

長靴は冬にはどのように長足を表示することができますか?