jesess小澤 日本の首相の「イメージ写真」を見て

jesess小澤 日本の首相の「イメージ写真」を見て

ブランド靴コピーのメルケル首相のチームが6月9日、ツイッターで7か国グループ(G 7)に関するサミットを発表した。多くの人々の表情が豊かで、気性のある写真が、急速にネットを起こし、世界のネットユーザーが議論するホットスポットとなっている。間もなく、G 7はそれぞれの国の指導者を中心とした写真で、急速にネット上で流れ、面白い「衆生相」を構成している。日本のメディアは、写真中の安倍晋三首相に注目を集めた。

「産経新聞」は10日、「メルケル首相がトランプ大統領と対立し、隣に立っていた安倍首相の困惑」と題して発表した。ネット熱伝の写真では、ドイツのメルケル首相が両手を手に入れ、体を前に傾倒した。二人は激しい喧嘩をしているようだ。二人の間に立っていた安倍首相には難色が現れた。G 7会議はアメリカの貿易保護主義政策で、首脳宣言は「難産」に遭遇した。最後の会議が宣言されたが、テラス大統領はツイッターで、宣言を認めない指示を下した。

メルケルグループの写真がヒットした後、6月10日11時13分(日本時間)、安倍晋三首相も自身のツイッターで首相官邸が発表したG 7の写真を転送した。この写真の中で、テラスが何を言っているのか、安倍晋三氏はテラスを見つめて真剣に耳を傾け、メルケルも耳を傾けていた。安倍転送の写真は、メルケルグループが発表した写真と、「ストーリー逆転」という。後者はメルケルに焦点を当て、前者は特ランプを中心とした。2枚の写真の意味は言うまでもない。


政府首脳として、安倍晋三首相が様々なイベントに参加した写真は、一般的に首相官邸でウェブサイトやソーシャルメディアを通じて発表された。これらの写真は、首相官邸の関係者の手ではなく、日本の各メディア専門のカメラマンが撮影したものではない。
長期にわたり、日本の主流メディアは第1の手の情報を得るために、首相官邸などの重要な機関で常駐報道組を設置した。安倍晋三首相は様々なイベントに参加し、報道陣は撮影記者を派遣した。彼らが撮影した多くの良い写真は首相官邸に提供し、首相官邸のスタッフが担当して発表した。そのため、首相官邸が発表した写真は、各メディアが発表した写真と同じである。しかし、これらの写真は一般的に著作権問題に関係なく、各メディアや首相官邸ではすでに情報相互通のメカニズムを形成しており、首相官邸への「著作権費」の行方をバカにしていない。
日本の各メディアは安倍晋三首相の撮影に平等であるが、日本政府のウェブサイトが写真を選んだときにはやはりこだわりがある。たとえば『読売新聞』は政治的な立場で安倍政権に偏っているので、彼らが撮った写真は往々にして安倍さんを大きく見せることが多い。「朝日新聞」は、政治的な立場から安倍政権に左右され、写真の撮影は安倍さんに顔を落とし、採用される機会は少ない。もちろん、政府スタッフが自分で写真を撮ったら、優先的に発表します。

4月20日、記者は東京・新宿御苑で、安倍晋三首相が主宰する2018年度の花見会に参加した。記者は4年連続で花見会に参加した。記者は、毎年、安倍さんが桜を鑑賞する会に参加しているときに、ポケットを持っているメディアの記者が専門のカメラを持っていることがわかりました。安倍元のスタッフは、秩序を維持するために携帯を取って写真を撮ることは少ない。しかし、安倍さんとの共演を希望する人がいると、身近なスタッフに依頼することもできる。記者は当時、安倍さんに安倍さんとの共演を依頼していた。
安倍さんは、たまに自分が写真を撮って社交メディアに発信することがわかった。でも、彼の撮影のレベルは本当にお世辞になりません。6月7日午前7時10分(日本時間)、安倍氏はツイッターでアメリカに到着したワシントンの写真を発表した。その結果、写真にはぼんやりとした人影が見られ、誰の顔も見えないだけでなく、雌雄は分かりにくい。だから、社交メディアでも、安倍さんは他の人の写真を転送するのが好きだ。
「安倍の醜態」を見せる写真や映像に、安倍氏も寛容だ。例えば、プーチンさんがプーチンやアメリカの役人に腰を当てているなどの写真がネット上に伝わってきた。ソーシャルメディアでは、これらの「醜態」の写真の下での負のコメントは少なく、日本のネットユーザーからのコメントは「首相が国の利益になっていて、つらい思いをしている」「個人としてはそうする必要はないが、国のために自分の尊厳を捨てた」という。日本の民衆は往々にして指導者の一部を「卑屈にする」という表現を、国家の利益としての犠牲として、「国威を損なう」ではない。そのために、安倍氏は、醜態の写真が流れているだけでなく、その写真をよく自嘲している。
日本人の視点から見ると、首相の生き生きとした写真は、生活に楽しみを与えるほか、一国の首相の不易さを感じることが多い。例えば、安倍首相がツイッターで転送されたG 7首脳会議の写真の下に、「安倍首相は苦労した」とコメントした。
作権は著者所有に帰する。商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 Powered by:http://www.boozill.ru


评论

此博客中的热门博文

深田恭子、34歳誕生日に今年3冊目の写真集 美しいパーツの魅力に迫る

ルイヴィトン(Louis Vuitton)ブランドプロフィール

長靴は冬にはどのように長足を表示することができますか?